30代からの健康維持の秘訣は、ベリーダンスという百貨店食物?!

私も30年代を過ぎ、太り方も覆り、また体の疲れがなかなかとれないようになりました。

今までですと、「体を動かす・食事に気をつける=シェイプアップ」でしたが、今では健康維持のための動きという食事の点検だ。

では、わたしにおいてこれは当たったなと思えた健康管理戦法に関してお話ししたいと思います。

ほんとに、わたしは有酸素運動が昔から大嫌いでした。
筋トレなどの無酸素動きは大好きなのですが…。

につき、4歳瞳ほど前から昔から視線のあったベリーダンスを習い始めたのです。

ベリーダンスは、上述は60代の方も同じように習えるほど、ダンスという大きな範囲の中ではだいぶ始めやすい、ボディーに大きな負担がかからないダンスだ。

また、あの独特なクネクネとした動きは骨盤や胴周辺のインナーマッスルによるので、女房特有の月のものの痛みを軽減してくれたり、また筋肉は体内一部始終繋がっていますから、胴周辺のインナーマッスルが鍛えられればさすが腰も背中も…という具合に、カラダが自然と鍛えられます。

わたしは痩せ型ではあるものの、いわゆる寸胴の赤ん坊体形だったのですがウエストが自然とくびれてきたのが嬉しかったですね。

そうして、当初の目的であった有酸素運動!
バッチリ汗をかく結果気分はすっきり、心地よい疲れを感じますし、スキンもスベスベになり、特に嬉しかったのは最初はトレーニングインナーブレスがのぼりっぱなしだったのが、少々では心拍頻度が上がらなくなったことです。

随分スタミナがついて、感冒をひきにくくなりました。

ランチタイム面では、白食事をやめました。

というのが、わたしはかなりの栄養剤おたくでして、パフォーマンス、いわば難病人のような頻度の栄養剤を飲まなくてはならないほど頻度が増え過ぎてしまったのです。

ともかく、出来るだけ自然の品から摂取しようとして、現在は食物繊維豊富な大麦といった、マグネシウムや鉄分、ビタミンBが豊富に含まれているキヌアを白米に混ぜて炊いています。

キヌアは炊いていらっしゃる最中はかなりエグテーストのある感じを轟かせるのですが、炊き上がると炊いて要る最中の感じが嘘のように無くなり、お米や大麦同然食べやすくうまいですよ。

後、朝食にはグラノーラを食べると、くだものもヨーグルトも一緒にとれて良いです。

日本でも沢山のグラノーラが販売されていますが、毎日のことなので値段を考えて、わたしはカナダ産のやけにシンプルなグラノーラとしています。

ヨーグルトも、最高お得なものを(笑)

その分、トッピングにはバナナやリンゴなどフレッシュフルーツを2種類以来つぎ込み、炒ったキヌアというパンプキンシード、そしてスーパーマーケットで手に入ればフレッシュザクロの実を成分たび散らします。

ザクロの成分には女房ホルモンという材料が含まれているので、30年代を過ぎて色々ホルモンプロポーションが壊れがちになってからは、日々食べています。

日本の品から、アメリカ合衆国産やイスラエル産のものが軽くて旨いですし、常にスーパーマーケットにはないものでもあるので、わたしは通販で冷凍のザクロの実(成分付き)を買って、冷凍庫にストックしていますよ。

体に良いなど、近年ではスーパーマーケット食べ物が人気ですが、もともとは海外で評価に火のついたものが多いです。

キヌアなどの穀物なら、腸の長い我ら邦人には極めて問題ないですが、最も西洋ヒトという邦人では適切があるそうです。

皆さんもとにかく、ご自身のおボディーに合ったスーパーマーケット食べ物を見つけて、そして有酸素運動できちんと汗をかいて、ボディーをキープしていってくださいませ。モーニングアフターピル 即日発送